Loading...

お問い合わせ

活用事例

活用事例

File_002 / マイママhouse

2022.03.29

-お母さんと赤ちゃんの姿が垣間見える-

2011年4月、大津の商店街にNPO法人マイママセラピーの活動拠点、「マイママhouse」が誕生した。

1Fアーケードに面したスペースは赤ちゃんたちの遊び場、2Fには事務所やお母さんたちのお話場がある。今回お話を伺ったのは、認定NPO法人マイママ・セラピー代表のオシグリさん。

マイママhouseとはどんな場所?

「お母さんと赤ちゃんの保健室」です。活動自体は2000年4月に始まっています。育児に関する悩みを持っていたり、お友達をつくりたいお母さんたちが集っています。またここでは、育児を学ぶだけではなく、出産を転機とした新しいライフスタイルの構築にも着眼したプログラムを使った教室を始め、安心して産後の心身を回復するためのお部屋として使っていただいております。

少しでも早い時期に不安や悩みを解決したいママ、育児を通し自分自身を成長させたいママ、自分自身の生き方を変えたいママを応援しています。

私が一緒に活動してきた栄養士、幼稚園教諭、保育士、などの有資格者たち10名の有償ボランティアスタッフが交代で常駐しています。

拠点を探し始めてからオープンまでのスケジュールは?

拠点を探していた期間は3か月程度。2011年1月に契約、2月から3月の間に取り急ぎ1階の床を改装し、4月にオープンしました。その1年後に資金を準備して、もう一回大改装を行っています。
拠点を持つまでは、公民館を借りて活動していました。様々な分野における社会的活動を総合的に支援する「公益財団法人淡海ネットワークセンター」に拠点を持ちたいことを相談していたところ、大津百町・町家じょうほうかんを紹介されてつながりました。実は、初めはFile_001の物件も紹介していただき、検討したのですが、条件が合わず他を探そうとしていたところ、この活動内容にとても理解を示してくれた大家さんが、こちらを一軒丸ごと貸してくれることになりました。

どう改装したのですか?

踏面の幅が狭い急な階段や欄間などの町家らしさが残る部分と、少し重たい入口の扉は残しつつ、子どもたちが安全に過ごせる空間にしています。テーブルや子供用のいすなどの家具も、面取りをして赤ちゃんたちがけがをしないよう配慮しています。


オープンしてから3年が経過し、ホームページや行政の紹介、口コミで広まっていて、利用者は年間4000人ほどいる。ひっそりとまちの中にある「お母さんと赤ちゃんの保健室」が認知されてきたようだ。まちでは、アーケードの下でベビーカーをおして歩くママ、幼い子ども連れの親子が行きかう姿が見られるようになり、以前より商店街が明るくなったとの声が聞こえる。

マイママhouse

赤ちゃんの育児に一人で悩んでいませんか?
身近なところに育児で困っている方はおられませんか?
マイママhouseは「第2の実家」
研修を重ねたスタッフが常駐しておりますので、安心してお越しください。

  • 開館:月曜日-金曜日・第3土曜日  10時-16時
  • 住所:〒520-0043 滋賀県大津市中央1丁目8-6
  • URL:http://mymama.jp/
ページトップへ